外壁塗装で見た目を整え、玉砂利を利用して防犯を意識した建物へ

防犯や鑑賞

玉砂利の施工サービス

玉砂利とは、日本建築に見られる庭や外構などに使用されている小さな石のことをいいます。色やサイズが豊富で用途によって使い分けられています。 この玉砂利を使用する施工サービスをネットで依頼することができます。 ネット上では使用用途別に紹介された施工事例を見ながら玉砂利の色、サイズ、工法を決め、依頼します。 色は7種類から選択できます。黒(ダークグレー)、白(ライトグレー)、茶(ベージュ)、黄(オレンジ)、赤(ピンク)、緑(青)、MIXです。 サイズは6種類から選択できます。10mmまで、5から10mm、15から30mm、30から60mm、60mm以上です。 工法は7種類から選択できます。砂利敷き、洗い出し、樹脂塗装、埋め込み、石積み、研ぎ出し(テラゾー)、ストーン籠です。 ネットだけでは分かりにくいという場合、サンプルを申込みことも可能です。

サービスの利用を望む人

玉砂利を望む理由を紹介します。 玉砂利はその上を歩くと音がするので、防犯効果があり、防犯を望む人が選んでいます。また除草効果や泥水汚れの軽減効果がありますので、駐車場、門扉から玄関までのアプローチ、家の周りなどをいつもきれいにしておくことを望む人も選んでいます。 庭と玉砂利は昔から日本人に馴染みのあるモノです。和風の庭はもちろん、最近は玉砂利の色も豊富なので洋風の庭でも広く利用されています。すてきな庭作りを望まれている人も選んでいます。 水槽の中に水草を植える際は玉砂利が最適で、熱帯魚も落ち着けるのでよろこびます。最後はお墓です。玉砂利を敷いた場合、雑草が生えにくくなる上に、土のままよりも高級感が出てきます。ご先祖さまも安らかに眠られます。

Copyright (c) 2015 外壁塗装で見た目を整え、玉砂利を利用して防犯を意識した建物へ all reserved.