外壁塗装で見た目を整え、玉砂利を利用して防犯を意識した建物へ

アクリルやフッ素

アクリル系塗料を使った外壁塗装について

外壁塗装の中で最も価格が安いと言われているのがアクリル系塗料です。 価格が安いと言っても、耐用年数としては5年から8年と言われており、外壁塗装の目的とも言われている塗料の膜を作ることが出来る塗料なのです。 他の塗料と比べると耐用年数が短いので品質的にはどうなのかと疑問に感じる人もいるのですが、下地調整をしっかりと行い、3〜4回の重ね塗りをすることで塗膜を作り出してくれるので、雨を弾き飛ばせる外壁に生まれ変わります。 また、アクリル系塗料はコストが安いため、定期的な塗り替えを行って、色々な色の塗料を使って楽しみたいと言う人にもお勧めの塗料でもあり、5年から8年に一度の割合で、その都度異なる色を使って塗り替えを楽しめると言うメリットもあるのです。

方角などに応じてグレードの違う塗料を使い分ける

住宅の外壁は太陽の紫外線を浴びる事で劣化が進む場所です。 外壁の劣化が起きると、今までは雨を弾き飛ばしていたものが、吸収しやすい外壁に変わってしまいます。 壁から雨水が浸入すると、建物の木材や金属などを腐食させたり、ひびが入っている場所からは雨水が入り込んで雨漏りの原因にもなるため早目の外壁塗装が必要になります。 因みに、家と言うのは東西南北から紫外線を浴びる形になりますが、南側と北側の外壁を比較した場合、南側の壁の方が早く劣化が進んでしまいます。 外壁塗装の塗料には色々なグレードが有りますが、グレードは耐用年数などの違いでもあり、劣化がし易い外壁には耐用年数が長い塗料を利用し、北側にはグレードが低い物を利用するなどして使い分ける外壁塗装を行えば費用の節約にも繋がると言われているのです。

Copyright (c) 2015 外壁塗装で見た目を整え、玉砂利を利用して防犯を意識した建物へ all reserved.